口腔内スキャナ
患者様情報のデジタル管理

歯科治療の中で欠かすことができない工程で、「印象採得」というものがあります。

 

これはシリコンや材料などで歯の型をとり、その型に石膏を流し固めることで患者様のお口の状態を再現します。

 

当院では「印象採得」をデジタル化できる口腔内スキャナーを導入し、患者様の負担を軽減し、情報管理の効率化に取り組んでおります。

 

患者様の負担軽減
従来の印象採得

これまでの歯科治療における歯形取り(印象採得)は、患者様に大きく口を開けていただき、写真の様な材料を用いて歯形を取得しておりました。そして取得した型に石膏を流し込み、患者様のお口を模型として再現しておりました。

 

歯形を取得する際に、開口量が足りない場合はお口に指を入れて引っ張ることもあります。もともとお口が小さい患者様の場合は負担が大きく、冬などに唇が乾燥している場合はお口の端(口唇)が切れてしまう患者様もいらっしゃいます。また、お口の中に異物をいれるため、嘔吐反応が出る患者様もいらっしゃいます。

Dentist%20using%20dental%20impression%20
White mold dental of plaster..jpg
口腔内スキャナー

口腔内スキャナーは先端が細くなっているスティック型のカメラを口腔内に挿入し、連続的に口腔内を撮影することで、PC上に自動的に口腔内の状態が瞬時に再現される非常に高度な医療機器です。​患者様のお口を無理に開くことを必要とせず、患者様の情報をデジタル化した状態で管理することが可能です。これにより患者様の負担を大幅に軽減し、取得したデータは削除しない限り保存されます。当院では積極的に高度な医療機器を導入し、治療の質と効率を高める取り組みを行なっております。

スキャナーで読み込まれた口腔内の情報が専用のソフトで処理されて瞬時にPC上で3D画像として再現されます。このデジタルデータをインターネット経由で技工所へ送ります。

118351585_358207395203689_80998429803586

このデジタルデータから患者様の口腔内を再現した模型が技工所で製作され、その模型を元にして被せ物(クラウン、インレーなど)を作成します。

​こうしたデジタルデータにより非常に高精度の修復物の製作が可能となります。

118409830_1047284712366541_5670251501775
118473053_232777274749771_10857185000843