歯科用CT
医療安全への配慮

歯科治療の中には、インプラント治療、親知らずの抜歯、歯周組織再生など、外科的な処置を伴う処置があります。

 

こうした外科的な処置は専門性や熟練した技術が必要となりますが、それ以上に患者様の安全を確保して治療を行う医療安全への配慮が最も必要となります。

一般的に普及しているレントゲン装置の多くは2次元画像の撮影を行いますが、歯科用CTの登場により歯科でも3次元の画像撮影が可能となりました。

 

特に歯根、歯の周囲の骨、顎の状態、神経走行などの情報は安全に外科処置を行う際は重要です。

当院では安全性を高める設備を積極的に導入し、患者様の安心確保に努めております。

歯科用CTによる高度な診断
従来のレントゲン

一般歯科治療では従来のレントゲン撮影で十分な診断を行うことが可能です。しかし、歯の根の治療がなかなか終わらない、痛みがなかなか取れないなど、治療が長引いている場合、3次元的な診断が可能なCT撮影をお勧めしております。2次元的なレントゲン画像では得られる情報に限界があり、そもそも原因が映り込んでいない場合もあります。

Panoramic radiograph showed multiple bon
歯科用CT

歯科用CTでは、顎の骨や神経の走行、歯に発生した細かい亀裂など詳細に検査することが可能なため、インプラント治療や親知らずの検査などで利用されることが多いです。お口の違和感や痛みが長引いている場合も原因箇所に的確な治療を行えていない可能性がありますので、CTによる検査をお勧めしております。CTを導入している歯科医院は全国的にまだ少ないですが、当院ではCT装置を導入しているため、ご来院いただいたその日にすぐに撮影することが可能です。

ct