Dentist checking up teeth with ceramic b
​ワイヤー
ブラケット矯正
ワイヤーブラケット矯正

​矯正治療の中でもっとも一般的な治療方法がワイヤーブラケット矯正です。

 

多くの方が思い浮かべる金属ワイヤーを用いた矯正治療のことです。

マウスピース矯正よりも歯を動かす力が強いのが特徴です。

また当院の小児矯正は「できるだけ歯を抜かずに、目立たない器具で治療する」ために効果的な、3D装置を使用するという特徴があります。

​ワイヤーブラケット矯正の特徴

ワイヤー矯正は、治療開始時に歯の表側一つ一つにブラケットと呼ばれる装置をつけて、ブラケットをつなぐようにワイヤーを通し、

 

ワイヤーが引っ張る力で歯並びを整えていきます。もっとも実績があり、オーソドックスで適用範囲が広いのが特徴です。

治療中は3~4週間に一度のペースで通院し、矯正装置の調整を行います。

メリット
  • ワイヤー矯正は他の矯正に比べて、幅広い症例に対応できることが一番のメリットです。歯を動かす力が強く、非常に重度な歯並びでも矯正治療が可能です。

  • マウスピース矯正のように管理が面倒という方には着脱しなくて良いというメリットになります。

デメリット
  • 歯の表面にブラケットやワイヤーなどの装置をつけるので見た目が気になる方も少なくありません。

  • 矯正中にブラケットが歯から外れてしまうリスクがあります。

  • ​調整の当日や翌日は食事の食べにくさや痛みが伴うことがあります。

  • 細かな装置をつけるので清掃が困難で虫歯のリスクが高くなります。

3D矯正装置とは?

当院では早期の矯正治療を推奨しており、「できるだけ歯を抜かずに、目立たない器具で治療する」ために効果的な、3D装置を使用して歯列を整えます。

歯列の内側(舌側)に一定期間つける装置です。目立たず、1本1本の歯に器具が固定されていないので、歯列の発育や成長を妨げることがありません。永久歯になるまでは、ほぼこの装置で治療が行なえます。

 

また永久歯になってから治療を始める場合でも、この装置を用いることで歯を抜かない治療が可能な場合もあります。

IMG_8894%20(1)_edited.jpg

​床矯正装置

IMG_8891.JPG

3Dリンガルアーチ

IMG_8890.JPG

3Dクワド・ヘリックス

IMG_8892.JPG

3Dマルチ・アクション

(3Dクワッド・アクション)

プレオルソ

「プレオルソ」は、取り外しの出来る「マウスピース式矯正装置」です。

プレオルソによる子供歯並び矯正法は、歯並びだけでなく口周りの筋肉の機能を改善する訓練を同時に行うことが可能です。

「咬み合わせ」「お口ぽかん」の改善、「口呼吸から鼻呼吸へ」「舌のトレーニングによる正しい飲みこみや発音」など、お子さまを健康な体へ導くことを目的としています。

小児(10歳ごろまで)の骨の柔らかい時期に始めることで効果が出やすい矯正方法です。

IMG_8893.JPG
幼児期からの矯正治療をお勧めします

矯正治療を始める時期には一般的に何歳からという決まりはありませが、当院では幼児期(4〜7歳)からの矯正治療を推奨しております。

きれいな歯並びは見た目がよいだけではなく、機能的にも優れています。歯並びが悪いと、噛みづらくなったり、虫歯ができやすくなります。

また、成長期にある子供は顎の骨を広げやすく、上下の顎のバランス整えやすいというメリットがあります。顎の発育を利用しながら矯正することで永久歯が生えてくるスペースをつくりやすく、抜歯しないで歯列を整えられる可能性が高まります。

若いうちに歯列を整えることでコンプレックスが改善され、表情に自信を持てるようになります。思春期における学校生活、受験、恋愛、就職活動まで、今後の人生を決定する様々な場面に直面した時、思い切り笑顔になれるということは大きな強みになると考えています。